So-net無料ブログ作成
検索選択

柚子の季節に焼くケーキ [my favorites]

毎年この時期に焼いているケーキがあります。

「柚子の焼きっぱなしケーキ」です。

木頭村というところの無農薬柚子を皮ごと使ったケーキで、とにかく香りがいいのです。
もちろんマクロビ使用。
DSC01815.jpg

全粒粉を混ぜて使うのでどっしりと食べ応えがあります。これ食べたらふわっふわのケーキなんて食べた気がしないです。
DSC01817.jpg

去年は「すっぱくて嫌い」と子供に倦厭されましたが今年はお姉さんになったのかすごく美味しいと喜んでくれました。又作って、と言ってくれたので入院前にもう一度作ろうと思っています。

レシピは下記の通り。ご興味のある方は作ってみてくださいね[るんるん]<材料>22cmのホール型または21×7×7cmのパウンド型1個分
A : 薄力粉 1と1/4カップ(250cc)
全粒薄力粉    3/4カップ(70cc)
   ベーキングパウダー 大さじ3/4
自然塩  小さじ1/4

B : 柚子の絞り汁  80cc
   豆乳       100cc
   メープルシロップ   100cc
   米飴       35cc
   菜種油      70cc
皮の摩り下ろし(黄色い部分のみ) 1~2個分(香りを強くしたい方は多目に)
   柚子の皮の千切り  トッピング用にお好みで

<作り方>
①型に分量外の菜種油を薄く塗っておく

②大きなボウルにAを全て入れまんべんなく混ぜる

③別のボウルに皮の千切り以外のBを全て入れる。油分と水分がしっかり乳化してどろっとするまで泡だて器で  しっかり攪拌する。

④③を②に一気に注ぎいれ、練らないように切る様にしてすばやく混ぜる。硬さの目安は持ち上げた生地がリボンを描いて落ちるくらい。

⑤型に流しいれて180度のオーブンで30~40分ほど焼く。
 生地に竹串をさせてみて何も付いてこなければ焼けてます。ねちゃっとした生地が付いてきた場合はまだ火が 通っていないので再加熱します。

⑥クーラーに乗せて冷めてから切り分けます。

その日中に食べても美味しいけど翌日でも味がなじんで美味しいで~す[黒ハート]
豆乳の量は粉に左右されるので、少なめで入れておいて後から硬さを調節すると失敗が少ないと思います。生地がゆるすぎた場合は水分を吸わせるため全粒粉で調整します。
豆乳は必ず無調整のものを。マルサンの有機豆乳が大豆の味がさほど濃くなくてお菓子向きだ、と以前お菓子教室の先生がおっしゃってました。菜種油も香りがあまり強くないものの方がケーキの味を邪魔しません。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 1

nyama

reirei様
初めまして!ブログ、読ませていただきますね~~
ぜひコメントとかもよせてください!
by nyama (2013-01-07 21:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。